ランドセルに使われている素材について

店舗でも電話でも、ランドセル展示会でも両親から質問されるのは、 ランドセルの素材についてです。 何が違うのかがわからないのでしょうね。

パッと見ではみな同じランドセルに見えますからね。 しかし、プライスも軽さもそれぞれなので、迷うのは当然でしょう。 そこで、ランドセル業界で人気がある素材についてご紹介します。

   『 牛革のランドセル 』
牛革のランドセルのメリットとしては、傷がつきにくいという点と、仮に傷がついたとしても他の素材のランドセルよりも、 その傷が目立ちにくいという点です。 6年間使うモノなので耐久性も重要になりますが、この点も楽々とクリアしています。 活動量の多い、男の子に向いているランドセルかも知れませんね。

ただ、デメリットもあります。 人工皮革、コードバン性のランドセルと比較すると、軽さという意味では、総牛革のランドセルは劣ります。 そういう意味から、小学校1年生のカラダの小さい女の子にはちょっと不向きの素材かも知れません。

   『 人工皮革のランドセル 』
人工皮革のランドセルの最大のメリットは軽さです。他の素材のランドセルよりも、明らかに軽いです。 よって、肩への負担が最も少ないランドセルなので、カラダが小さい、小学校までの通学距離が長い、と言ったお子さまには向いているランドセルではないでしょうか。 しかし、軽量タイプのせいか、牛革、コードバンのランドセルと比べると、耐久性という点ではやや劣るようです。

   『 コードバンのランドセル 』
馬のお尻から採れる革が、コードバンです。 革の繊維の細かさはNO1です。 また、最も傷に強い革になります。 また、使っているうちに深みのある ツヤが出てくるので、コードバンならです。

また、デメリットというかどうかはわかりませんが、最高級素材なので、牛革、人工皮革よりもお値段が高いという点でしょう。

Copyright (C) 2013  ランドセルの素材. All Rights Reserved.