ランドセルの色は 黒、赤が 無難

小学校に入学して通学する時に、必要なのがランドセルだと思います。 しかし、このランドセルが原因でいじめられるという悲惨なことが実際に起きています。 大事なお子さんがいじめに合わないためにこのページの事をランドセルを買う時に覚えておいて下さい。

つい10年ほど前は、男の子は黒色のランドセル、女の子は赤色のランドセルと決まっていました。 しかし、最近では、さまざまなカラーのランドセルが売られているようになりました。 ランドセルのカラーとして ブラック、マリン、キャメル、アクア、セピア、紺、ピンク、その他にも奇抜な色のランドセルもあります。

子供は何も知らない
小学校入学前の子供たちは、なにも知らないがために、珍しい色のランドセル、奇抜な色のランドセルを欲しがります。 それは、仕方ないことなのですが、 目立つ色のランドセルの子供は珍しいランドセルを持っているために、周りの子供たちから、好奇な目で見られるのです。

違う言い方では妬みと買うと言っても良いかも知れません。 日本人って、大人でも目立っている人を妬む傾向がありますよね? それが子供社会でも起こっているのです。 そのような悲劇を生まないためにも、ランドセルの色は鉄板の色を選んだ方が良いと思います。

鉄板の色と言えば、やはり ブラック、とレッドになります。 平凡かも知れませんが、黒と、赤を選べば上記で述べたような悲劇はまず起こらないと思います。

 軽量化ランドセルについて

軽量化ランドセルが人気です! 2012年度に小学校に入学されたお母さまに実施したアンケートによると、ランドセル購入時に重視したポイントはランドセルの重さでした。 出来るだけ軽いランドセルを求めるユーザーが多いようです。

しかしメーカー側からみると“軽さ”を疑問視しています。 現在ではランドセルの重さは 1キロを切って、910グラムのランドセルも登場しています。 これらの重さというのは限界まできています。 よって、これ以上の軽さを追求すると 、耐久性と機能性のレベルを落とすしかありません。

革の厚みを落としたり、金具の厚みをさらに薄いものに変える等です。 これらは、一見するだけではわかりませんが、長期間でみると耐久性という面で変わってきます。 小学校に通う6年間使えることが最低条件ですから、耐久性を落とすような軽量化では全く意味がありません。

 各メーカーのランドセルの軽さについて調べてみました。 続きを見る

Copyright (C) 2013  ランドセルの色について. All Rights Reserved.