ランドセルの知識

皆さんが背負っているランドセル。 今現在のランドセルは、人口皮革のクラリーノが約70%を占めているそうです。 最近になると、いろいろなデザインのランドセルも増えている。 昔は男は黒、女は赤というのが当たり前のようだったが今は違います。 今はピンクだったり緑だったりと7色展開しているところも少なくないのです。

大きさに関しても様々ですが、これに関してはメーカーによって多様である。 ランドセルはほとんどが手作業であり、ランドセル一個に対して100個以上の金具が必要になるそうです。 値段もメーカーによって様々で大体1万円程から5万円までと様々です。

ランドセルの歴史

ランドセルの歴史としては、初めのランドセルは今のように通学用カバンとして使用されていませんでした。 ランドセルの最初をさかのぼると、一番古くて江戸時代が発祥のようです。 幕末にランドセルの主となった布製の背負い袋が最初と言われて、 この布製の袋がランドセルに変わったのが、明治時代というわけです。

背負い型のかばんで通学かばんとして使っている国は、 日本のほかに韓国やイギリス、ノルウェーは背負い型の通学かばんだそうです。 ちなみにこのランドセル、名前はオランダ語なのですが、 オランダでは全く使われていません。 ですがこのランドセル、小学校を卒業すると同時に処分するか、 それさえもできずに押入れなどで眠っているパターンがほとんどだと思います。

国際協力NGOジョイセフが行っているのが、皆さんが6年間使用したランドセルに、文房具入れて、 物資が不足しているモンゴルやアフガニスタンの子供達にプレゼントする活動があります。 それがランドセルは海を越えてキャンペーンなのです。 自分が大事に使っていたランドセルが、小学校を卒業して使わなくなったあとも、 違う国の子供たちに使われていくってとても素敵な事ですね。

※ 当サイトがおすすめしている フィットちゃん ランドセルはこちら

Copyright (C) 2012  ランドセルの知識. All Rights Reserved.