ランドセル 革質ごとのお手入れ方法について

ランドセルって、子供が小学校で6年間もの長い間使うものなので、 少しづつ汚れてくるものですよね。子供の事ですから、汚れた手で触ったり、墨汁や絵の具がついて しまうこともあるかもしれません。ランドセルの品質を維持するために日々のお手入れが必要になって きますが、その方法もランドセルの革質によって少し違います。

フィットちゃんランドセルのお手入れの仕方を、メーカーのラポンテさんに尋ねてみました。

ランドセル お手入れ

  クラリーノのケース ( 人工皮革 )
まず、やわらかい布を家庭用の中性洗剤に浸しておいて、絞ってからすみずみまでやさしく拭いていきます。 それから別に用意したきれいな布で、しっかり拭きります。手間はこれだけですので、簡単ですね。 汚れたらすぐに拭くという習慣をつけておくと、少しの手間で長い間綺麗なランドセルを維持することが できます。 6年間綺麗なランドセルで通いたいものですね。

  天然牛皮のケース
お手入れが大変そうでなかなか手が出ない、これが革製品の印象ではないでしょうか。天然皮と言っても ランドセルに使用されている天然皮は、ランドセル用に加工されているため、ほかの革製品に比べて扱いは とっても楽です。皮に防水加工も施されているので、水に濡れても問題はありませんし特別なお手入れは とくにありません。汚れてきたなと感じたら、水に濡らして固く絞った柔らかい

布でやさしく拭きます。通常はこのお手入れで大丈夫ですが、ひどい汚れの時は住居用マイペットを 布に吹き付けてからランドセルを拭いてやるといいでしょう。天然皮製品ですがこれだけでほぼお手入れ 万全です。

  クラリーノ・天然牛皮の両方のケース
クラリーノー・天然牛皮の両方とも同じですが、ランドセル自体に嫌な臭いがついてしまった場合のお手入れをご紹介しています。 続きを読む

  総括
人工皮革も天然牛皮も、総括的に見てお手入れはとっても簡単でしたね。子供が6年間もの長い間使用するランドセル、やはり、強度もお手入れのしやすさもよく考えられて います。これくらいならご家庭で簡単にできそうですね。高学年にもなると子供さんご自身でもできるのではないでしょうか。

特に天然皮においてはお手入れが大変という規定概念で購入をためらわれていた人も、その心配は全くなさそうですね。汚れたらこまめに拭く、その少しの手間できれいな ランドセルを6年間維持したいものですね。

Copyright (C) 2013  フィットちゃんランドセルのお手入れの仕方. All Rights Reserved.